日本シベリウス協会は、北欧フィンランドの国民的作曲家 シベリウスを愛好する人たちのあつまりです。

日本シベリウス協会アイノラ入口日本シベリウス協会アイノラ入口

シベリウスの「歌曲」にであうこと

                            駒ヶ嶺 ゆかり

シベリウスの胸板の厚いあの大きな肢体から深みのある声を想像します。

 百曲以上の歌曲を生み出したシベリウスの、息の長い豊かなフレーズは弦楽器の筆運びを感じます。ピアノパートに託された音楽は、自然界の息吹、輝き、激しさそのもの。その音達は歌詞であるテキストに躍動感を与え、ときにまとわりつき、更にその言葉を高みへと押し上げていくようです。

5月27~29日コンサート若きシベリウスが、フィンランドを飛び出し外国で学び悩み続けた時、自らの中に沸立つ魂の声に導かれ「カレワラ叙事詩」を紐解いたと云います。そこに息づく森羅万象のメッセージに、シベリウスは「音楽そのもの」を発見しました。

2016年5月27日(金)・28(土) マリア・ホロパイネン氏によるシベリウス歌曲マスタークラス
5月29日(日)シベリウスの歌曲と室内楽によるコンサート
札幌コンサートホールKitara

詳細はこちらをご覧ください。